引越し 費用 目安

MENU

引越し費用は季節や引越し日によって違うことをご存知ですか?

引越し業者の料金は同じ距離と同じ荷物量で行なっても違うものなのです。
もちろん業者が違えば当然、価格は異なりますが、
同じ業者であったとしても季節や曜日で違うんです。

 

この事実、引越しが初めてという人や業者を利用するのが初めてという人は知らない人も多いのではないでしょうか?。

 

何となく荷物を運んでくれるものだから宅急便のような定額イメージを持っている人も少なくないかもしれませんよね。

 

どんな時が高いと言われているのか(いわゆる【引越し相場】です)、ちょっとまとめてみますので参考にしてみてください。

 

引越し作業が殺到する春は高い!

 

日本は春に卒業や入学、就職という大イベントがあります。会社でも転勤の季節となりますから3月・4月は業界が人手不足となります。それでアルバイト・臨時職員を大量に 雇用して業者は引越し作業にあたるわけですが、そのコストが料金に上乗せされてるのです。またトラックも調達して繁忙期にあたる業者もあるようです。こういった諸々の 費用により春の引越し料金は高くなります。まさに相場と呼ばれるとおりなんですね。

土日祝日は料金高めの業者が多い!

 

お仕事をしていたら引越しをするのは休日になる、これは当然ですよね。なので混雑する週末は料金を高めに設定している業者がほとんどのようです。なのでこれを知っている人は 平日に引越しをするんですよ。また縁起を担ぐ人も少なからずいらっしゃるようで大安の日には申し込みが多いそうですので価格が高く設定される場合もあるようです。

月末に引越しが殺到する!

 

賃貸マンションやアパートなどの契約が切れる月末には当然、引越しの申し込みが集中しますよね。月末に旧居から荷物を搬出し1日預かってもらって 月初に新居に荷物を搬入するという人も多いかもしれません。契約にもよりますが日割り計算の場合には月末を待たずに引越しするのがお得ですよね。

引越し費用はどのくらいが目安となる?

もし引越し業者の営業さんがあなたのところに訪問見積もりにやってきて「コレコレこのくらいです」と料金を提示してきたとして、あなたはそれが安いか、それとも高いのか、判断できますか?

 

引越しの料金は時に高額なものとなります。私のまわりには一人暮らしなのに50万円以上かかった人もいるんです。タンスなどを処分して荷物を減らそうと努力したにもかかわらずなんです。適当に「テレビCMなどやっていて有名な会社だから」的な感覚で引越し業者を選んでしまうと後で泣くことになるかもしれませんよ。それを防ぐためには費用の目安を知りましょう。

まずは引越し費用の目安を知ることが大事なんです。

そういうわけでとにかく、引越しの費用を節約したい場合には引越し料金の目安を把握しておく必要があります。

 

なぜなら引越し料金は相場と捉えられることもある、変動するものだからです。季節でも、そして日取りでも価格が違うものなのですよ!ご存知でしたか?

 

なのでだいたいの目安を把握していないと基準値が分からなくなる為、業者から見積もり料金を提示されても高いのか安いのか見極める事ができなくなるのが普通の私たちなのです。

 

各業者間によっても料金には大きな幅がありますので引越し料金の目安を知らない事で節約どころか損をしてしまう可能性もあります。契約した後に後悔しない為にも相場感と目安を把握しておくようにしましょう。

目安を知るにはコレなんです!

ではどうやって相場感や目安を把握すれば良いのかも覚えておきましょう。最も簡単に目安を把握したい場合に利用したいのが一括見積りサイトです。沢山の業者に一度の申し込みで同時に見積りの申請を行う事ができますので、簡単に見積もりを取り寄せることができます。これはとても便利なことで、このサービスが登場していない頃には1社づつに電話で見積もり金額を聞くしかなかったのです。これは大変に手間であったために、ほとんどの人は費用を比べるなんてことはしなかったのです。

 

現在ではそうして簡単に目安を把握する事ができるようになりました。また、査定結果をメールや電話で受け取る事ができますので、業者と直接コンタクトを取る必要もありません。もし、価格に納得がいかなければキャンセルも可能ですので気軽に利用してみましょう。

さらに安くするには!?

引越し費用を比較すれば安く行ってくれる業者が分かりますが、そこからさらに安くする方法も覚えておきましょう。それは値下げ交渉です。引越しの料金も交 渉を行う事で値下げをしてもらう事ができるのです。交渉を行う際にはライバル企業の見積もりを使うようにしましょう。他社の見積もり額を、値下げしてもらいたい企業に伝え、他社の料金より安くならないか持ちかけてみましょう。

 

引越しシーズンになると値引きが厳しくなる事もありますが、閑散期なら比較的簡単 に値引きしてもらう事ができます。きちんと業者の料金の目安を把握しておけば、このように値下げ交渉にも利用することができるのです。引越し料金の節約を行うためには見積もり一括サイトを利用して必ず比べることにしましょう。

営業マンのゴリ押しをかわせますか?

 

もしあなたが引越し業者の訪問見積もりを頼んだ時、「見積もり価格は○○万円ですが、もし今決めていただけたら私の裁量で3万円引くことができますが、いかがでしょう?」 なんていう営業トークをされた場合、どうしますか?。
そもそも見積もり価格○○万円が適正な料金なのかどうか、分かりますか?。

 

 

 

 

とにかく高いのが3月の引越しなんです。費用を抑えるには?

大学入試に合格して晴れて憧れの大学へ入学を果たす人、あるいはリベンジを期して予備校へ通うために都会へ移り住む人、就職するため、転勤をするため新しい場所で生活をスタートする方など、移動の最も顕著なのが春の3月です。この3月には引越しがとても集中してしまうために、臨時に雇う人件費などを理由に大手引越し業者から中小までが揃って価格の値上げをします。1年で最も高い費用が掛かってしまうのです。足元を見られている?ような感じもありますが、しかしそうは言っても仕方がないこと。何が何でも新生活のために引越しを済まさなくてはならないわけですからね。

3月の引越しでは必ずこれをしてください!

さて3月に引越しすることが決まり業者に引越しを依頼する場合は、引越し業者の比較が必須です。業者によって必要となる料金が違いますので安く抑える為にも比較を行うようにしましょう。比較を行うには各社の見積りが必要となりますが、一社一社申込みを行うのはとても大変です。今はそんな手間を掛けずとも引越し業者の比較を行う方法がありますので覚えておきましょう。それは一括見積りサイトです。一括見積りサイトを使えば、面倒な見積り申込みの手間を省略する事ができます。数社でも数十社でも同時に見積りの申込みを行う事ができますので、引越し業者の比較を簡単に行えるようになります。

 

しかし、見積りの中で一番安い料金だからといって簡単に契約してはいけません。そこからさらに安くする方法があるのです。それは値下げ交渉です。案外引越し料金の値下げ交渉が可能なのをご存じ無い方も多いのですが、引越し料金も安くしてもらう事ができるのです。流石に3月の繁忙期では値引き率は悪くなってしまいますが、閑散期なら大幅に値引きをしてもらえる可能性がありますので後々のために覚えておきましょう!。時には10万円以上も安くなる事がありますので、交渉に挑戦してみましょう。交渉を行う時はライバル業者の見積り額を引き合いに出す事が大切です。ただ安くして欲しいとお願いするよりも他社の料金より安くして欲しいと伝えた方が効果が大きいのです。一括見積りで得た見積り額を武器に値下げの交渉にチャレンジしてみましょう。引越しの料金を安くしてもらい費用を抑えるようにしましょう。

 

この3月の主役はやはり大学への新入学や、卒業して就職する人たちであるのは間違いありませんね。テレビCMでもアートや日通では盛んに単身パック・プランの宣伝をしているように一人暮らしを始める人たちへのアピールが増えています。引越し見積もり 単身サービスはどこが良いのか見比べてみると良いでしょう。

引越し業者を比較して最も安い業者を探すには!?

サービスに優れて、しかも安い引越し業者を探すには以前なら自力で電話をしまくる必要がありました。でも現在では無料で利用できる評判のサービス「引越し見積もり比較サービス」があります。このサービスは一度の申し込みで複数社の見積もりを簡単に取得できるというもの。このサービスは実は引越し業者から嫌われているのだとか。なぜならば以前は高い料金設定でウハウハだったのにこの引越し見積もり比較サービスが出てから随分と価格を下げないといけなくなったのですからね。引越し業者には煙たがれるサービスですが私達消費者にとってはこれほど便利なサービスはないのです!
【引越し侍・引越し価格ガイドの業者ランキング】

 

見積り一括取得サービスの大手の「引越し侍・引越し価格ガイド」では、利用者へのアンケート調査を行なって満足度ランキングや、それぞれの感想を口コミとして公開しています。どこの業者に決めたら良い?そんな迷う時には参考になると思います。

 

一度の簡単な申し込み(最短1分)で、最大10社から一括見積取得することができます。これは本当に便利なサービスで、もしこのサービスがなかったら昔ながらに電話をたくさん掛けるのか、それとも面倒なので最初からここと決めて高い料金で引越しをしてしまうか・・・とにかくこのサービスのメリットというのは計り知れないものがあります。荷物の多い引越しであれば比較することによって数十万円の得をすることも珍しくありません。

 


 

 

引越し料金を比較したことがありますか?

引越し業者の料金はかなり違いがあるのです!

 

引越し業者の料金見積もりを比べてみた経験がある人ならご存知でしょうけれど、随分と差があることがわかります。ここでは業者間の見積もり料金の違いがどこにあるのかということを考えてみたいと思います。

 

一例として考えられる要素は作業員の違いです。消費者がどのような梱包を望むかということで作業員の数は変わると言われています。例えば簡易梱包の 業者は作業員が少なくて済むけれど、丁寧な梱包をこころがけている業者は必然的に作業員の数も多くなってしまいます。作業員が増えれば引越し料金も上がり ます。しかし、家具は傷つきにくくなるのです。また、作業員の平均年齢も関係していると言われています。引越しは体力仕事でもありますので、若い年齢層の チームの人数よりも年齢を重ねているチームの方が人数は多くなるようです。

 

次に考えられる要素はトラックの大きさです。梱包資材や機材をトラックに積んでくるために大きなトラックが必要という場合もありますが、業者ごとに 運搬スタイルが違うためということが大きいようです。目いっぱい積んで運ぶことが良いと考える業者もいれば、荷台に余分なスペースを取った方が安全と考え る業者もいます。また、積み残しの危険性を考えると荷物量は多めに見積もりがち、という見方もあります。

 

もう1つ、その後の値引き合戦に備えて力を蓄えているという考え方もあります。数社に見積もり依頼をしていれば、違いを詳しく見ることができます。 その上で値引きの決め手になりそうなポイントを見つけましょう。さらに他社の見積もりを出すことで最後の一押しが可能になるかもしれません。

 

引越し見積もり一括サービスとは

引越しを考えたときにどこの引越し業者に依頼するか悩みませんか?とてつもない数の引越し業者から選ぶのは至難の業です。それは引越し業者によって得意分野があるからです。長距離を得意としている業者もあれば、近距離のみを扱うぎょうしゃもあるのです。それに単身者向けや家族向けと得意分野が分かれていたりします。自分にあった引越し業者を見つけるために会社の特徴を捉えるのが一番です。特徴を知るには見積りを取るのが良いです。CMでよく見かける引越し業者の見積りを取るのか、知人が利用したことのある引越し業者の見積りを取るのか、何件物見積りを取るとなると面倒ですよね。

 

一件一件見積りを取らなくても、一気に数件の業者の見積りを取ることが出来る便利な『引越し一括見積もりサイト』があります。サイトを利用すると特徴だけでなく一番安い料金を知ることもできます。部屋にある家具・家電の数やおおよそのダンボール数を入力するだけで一瞬で見積が取れます。業者によって相当な差があるのが事実です。ここですぐに業者を決めてしまうのはもったいないです。気になった引越し業者に訪問見積もりを受けましょう。訪問見積もりにきた営業マンにサイトの見積もり内容を話してみると提示していた料金より下がったり、特典がつくことがあります。お得な引越しをするためにこのように引越し見積もりを行なってみてはどうでしょう。

安い引越し業者としてオススメなのは?

安さを売りにしている引越し業者は数多くあります。しかし、安いだけに荷物を雑に扱われたり、破損されたり、約束の時間に到着しなかったりとトラブルにあうこともあるようです。選ぶなら安いだけでなく質のいい引越し業者を選びたいものです。

 

安くて質の良い引越し業者を選ぶ4つのポイントは
@国土交通省から認可を受けている。
A引越運送約款を採用している。
B見積りの基準が明確。
C利用者の評判が概ね良い。

 

国土交通省から認可を受けている業者のトラックは緑色のプレートに白字のナンバープレートをつけています。引越運送約款を採用している業者は料金設定や見積りが明確で、荷物の破損がおきたときや不測の事態に起きた時などの対処がシッカリとしています。@〜Cをもとにオススメの引越し業者を紹介したいと思います。ただし、いろいろな条件で引越し料金が変動するので料金は目安と考えてください。

 

サンタメール引越しサービスは8.000円から、単身BOX引越しサービスは8.400円から、ヴォイス引越しセンターは8.800円から、カルガモ引越しは9.800円から、赤帽は11.560円から、BIG引越しセンターは15.750円から、隆星引越しセンターは18.000円からとなっています。

 

1DKから引越しをしたときに赤帽を利用しました。荷物が少ないと思って頼んだのですが思ったよりも多く2往復となり、当然料金は2倍、時間も2倍かかりました。赤帽の作業員は次の予定が入っていたようですがイヤな顔をせず最後まで運んでくれました。荷物の運搬を一緒にしなければならないのは大変でしたが作業員の印象で良い引越しだったと思っています。格安を謳っている引越し業者は当日来てくれる作業員次第で良い引越しになったか、そうではないかと感じる部分が大きくなるでしょう。自分にあった引越し業者に巡りあうようシッカリと検討しましょう。

サービスが優れている引越し業者はどこ?

いろいろな引越し業者が独自のサービスを行なっています。各社の自慢のオプションサービスについて紹介したいと思います。ハート引越センターでは家族の一員のペットの輸送を専門ノウハウをもった作業員が引越し先まで運んでくれます。それとピアノ・ファニチャーサービスというのを行なっていてピアノの輸送から調律やなどを音大卒のインストラクターが対応しています。サカイ引越センターでは盗聴器発見や庭の設計・手入れ、引越しトラックの中で荷物の消毒・殺虫などのユニークなオプションサービスが用意されています。盗聴器発見のサービスは賃貸住宅の場合、入居前にしてくれたら安心ですよね。

 

日通では電化製品の取付工事やハウスクリーニングを行なっています。美術・骨董品やピアノの輸送もしています。また、電気やNHKなど手続きの代行を行なっています。アリさんマークの引越社では金庫などの重量物の輸送、アンテナ工事・配線工事などをオプションで取り扱っています。アート引越しセンターでは環境に気をつかた梱包資材を無料で貸出しています。あと、高齢者や女性向けに掃除や模様替えを手伝ってくれるエプロンサービスというのを行なっています。引越しまでは使いたい家具だけど新居では不要となる家具などを処分やリサクルを行なってくれるサービスをしている業者が多くあります。引越しスタッフが全員女性というサービスというのもあります。大手から中小の引越し業者でもいろいろなオプションサービスがありますので見積りのときに問い合わせみてはいかがでしょう。

引越し業者のサービスと費用を比較すること、これが簡単にできるようになったのは実はここ数年のことなのですね。それ以前は自分で業者へ電話などをして聞くしかありませんでしたので、たいていは1社に訪問見積もりをしてもらってそれで決めてしまうというのがほとんどの方が採る道だったのではないかと思います。ですのでほとんど引越し業者の見積もり料金を比較するなんて人はいなかったのですね。実に以前は引越し業者は儲かったことでしょうね。たしかに高かったですから。。

 

でも今は一括で見積もりが取得できるサービスが誰でも無料で利用することができるようになりました。これによって状況は一変しました。今ではこのサービスを使わないなんてちょっと考えられないくらい利用者にメリットをもたらしてくれます。また比べられることによって業者側もサービスの質を向上させ、また料金も安くなっています、競争原理が働くようになったのですね。非常に恩恵が多い引越し見積もり一括取得サービスですので機会があればぜひ利用をしてみましょう。

引越し費用の目安を知ると、交渉が有利にすすむ!

見積もり比較をして費用の目安を知りましょう!

 

あなたの引越し距離と荷物量の場合の、費用の目安を知らないと判断のしようがありませんよね?。
費用の目安を知る最も確実な方法は見積もりを各社に出してもらって自分の目で比べてみることなんです。

誰でも引越し費用を容易に比べることができるようになりました。タダで使えますし、とても便利ですよ♪

引越し費用の目安を知るにはどうすれば良いかご存知ですか?せめて目安を知っておかないと業者の言うがままにされてしまいますので正しい知識を持ちましょう。

このサイトは引越し業者によってその料金が大きく異なった経験を持つ管理人が、その経験を通してこうした方が良いと意見を述べているサイトとなります。ある会社に頼んだ見積もり料金が30数万円で、念の為に他社に電話で聞いたところ、10万円以上も安い見積り価格を提示されたことがあります。もちろんその時期は忙しくて手が回らないと言われる2月や3月ではなく8月のことで、かなり業者さんにとって仕事がほしい時期ということもあったとは思います。ですが、業者によってこんなにも引越し代の開きがあるということも事実です。別に値引き交渉をしたわけではないのですから。ですので、とにかくたくさんの見積もりを取れば取るほど、安い料金で引っ越せるチャンスは広がるということを訴えるべく当サイトを運営しております。