引越し 長距離

MENU

長距離引越し費用はかなりします。そのの目安を知るには?

長距離の引越しは、料金も高くなることが予想されます。だからこそ、出来るだけ料金を抑える対策が必要となります。まず長距離の引越しの場合は、輸送手段により料金が大きく異なってきます。

 

例えば、東京から大阪までの引越しであれば、その間500KMを1台のトラックをチャーターして引越しができれば、スピーディーで理想といえます。例えばこのトラック便を混載便にすることで、料金が安くなります。

 

混載便とは、業者が引越し荷物を一旦預かり、同一方面への他の荷物と混載して輸送することです。ただし、混載便の場合は受け取り日時が指定できないなど、直送便に比べれば時間を要します。

 

更に、荷物の積みなおし作業が増えるということは、それだけ荷物を傷つけるリスクが高まることにもなります。また輸送に時間が掛かるということは、生活に必要な最低限度の荷物は、自分で運ばなくてはならなくなります。但し、どのような輸送方法にしても、長距離の引越しの場合は、全国に展開をしている大手業者の方が有利といえます。中小業者に依頼をいたしますと、一般的には荷物を運び出した業者と、引越し先で荷物を搬入する業者とが異なってきます。

 

当然、作業者も異なりますので、依頼をする方としては不安が高まってしまいます。また移動手段には、その他にもJRのコンテナを利用したレール便や空輸便などの輸送手段があります。JRのレール便はトラックでの引越しに比べると、料金が安くなるばかりでなく、時間も正確といえます。あまり浸透はされていませんが、JR貨物の営業所に一度問い合わせをしてみるのも良いかもしれません。

 

長距離|引越し費用の目安を知らないとこんなに損しますよ!関連ページ

単身
家族
女性
近距離
海外
はじめて