引越し はじめて 費用 目安

MENU

はじめての引越しをする時に覚えておきたい料金の仕組み

初めて引越しをするときは、引越しにどのくらいお金がかかるか全然わかりません。そんなとき、引越し料金の特徴を知っていれば、自分に一番合った引越しを納得のいく価格で実現出来ます。

 

引越し料金は、簡単に言うと、距離、荷物の多さ、サービスの充実度、時期で変わってくると言えます。距離は、当然近い場所への引越しの方が安いです。遠くに運ぶにはその分の時間や燃料費がかかるからです。荷物の多さは、多いほど大きなトラックを用意したり、スタッフの人数を揃えなければいけないので、高くなります。サービスの充実度は、例えば梱包などもお願いしたり、万が一の場合のアフターサービスがしっかりしていると、その分の費用がかかってきます。そして重要なのは時期です。引越し料金の特徴として、春は引越しシーズンですから費用が高くなります。

 

また、土日も高めに設定されています。さらに、時間帯などを選ぶと高くなってきます。引越し日だけ決まっていて、何時頃になるかは前日に決まることで良ければ、費用は少し抑えられます。このような引越し料金の特徴を知って、出来るだけ多くの引越し業者に見積もりをすることが重要です。同じような条件を言っても、倍ぐらい違う見積もり結果が出たりすることはよくあります。これは、業者によってスタッフを多くして手早く引越しを終わらせる配慮をしているため人件費がかかって高くなっているなどの理由からです。そのため、見積もり結果を見て、どのような引越しを望んでいるのかと、それに見合った費用かどうかを確認してから一番良いと思った業者に依頼するとよいでしょう。

はじめての一人暮らしでは

はじめての一人暮らしをされる方もいるでしょう。進学や就職のために一人暮らしの引っ越しは3月がピークとなりますが、混雑する時期はいわゆる相場が高いのが一般的です。荷物が少ないと思われがちですが引越し単身の場合でも料金はバカにならない金額です。多くの業者の見積もりを見比べることを忘れないようにしてください。これだけで数万円から費用を浮かせることができますので。

 

はじめての引越しでは分からない費用の相場

おひとり様の引越の場合も家族と同様に荷物の量で変わってきます。おひとり様でも荷物が多いと二人暮らし分の費用請求になります。 引越し費用を抑えたい方は荷物の量を減らすのが一番です。特に女性の場合は服が多いですよね。 「もう着ないけど、高かった」「流行が戻ってきて、また着れるかも」と思ってとっていることが多いですよね。 一年以上袖を通していない服は着ません。たとえ、流行が戻ってきても新しいものが欲しくなります。ここは思い切って処分しましょう。

 

ゴミに出すのは忍びないと思う方は、リサイクルショップに持って行くと「誰か着てくれるかも‥」とただ捨てるのと違い少し慰められます。 そして、僅かながら引越し費用の足しになります。 引越費用を簡単に計算すると、近距離の場合では、おひとり様×2〜3万円で、遠距離(100km以上を遠距離とします。)の場合は、 おひとり様×2〜3万円+引越距離(km)×250円くらいとなります。道路状況が悪いなどや荷物が多いときは2〜3万円のところが4万円となります。 例としておひとり様で荷物が少なめ、100kmを引越しすると45.000〜55.000円くらいとなります。 遠距離の引越で高速道路やフェリーを使ったときは、高速道路料金やフェリー料金が加算となります。

お一人様引越し向けのサービス

オプションサービスを利用するとさらに加算となります。エアコンの取り外しは0.5〜1万円くらい、取り付けは1.5〜2万円くらいがおおいです。 オーディオ機器は5.000〜8.000円くらいとなっているようです。 上記の費用相場はあくまで目安となっているので、ご自分の引越には必ず見積りをとってください。 引越し業者ではおひとり様専用のところもあれば、おひとり様プランを用意しているところが多いです。 ネットでの見積りは大手・中小取り混ぜて取るとよいですよ。安心を買いたい方は大手がいいかもしれません。 中小は料金、作業内容とバランスの取れているところが案外多いです。 見積りを見比べて、よく検討するのが失敗のない引越になるのではないかと思います。 引越し 単身パックもおひとりさま引越しで頻繁に利用されるサービスです。価格も低く抑えられていますので利用しやすいパックです。

 

はじめての引越し【高い料金を請求されないためのポイントはコレ!】関連ページ

単身
家族
女性
近距離
長距離
海外