引越し 海外

MENU

海外へ引越しする場合は、いったいどのくらいの費用が掛かるの?

最近は、企業の海外進出に伴った海外への赴任や、国際社会に対応した教育からの留学生が増加をしています。このような時に海外への引越しでは、国内の引越しにはない手続きや苦労があります。特有な手続きとしては、パスポート、渡航チケット、ビザの取得は当然ですが、長期滞在であれば市町村役所への手続き、または国際運転免許証の取得なども必要となります。パスポートは滞在先で期限が切れないか、事前に確認が必要です。また市町村役所への手続きを怠ることで、不要な税金の支払を強いられる可能性もあります。

 

また国際運転免許証の期限は1年間ですので、これも注意が必要です。その他にも、渡航先によっては予防接種が必要となりますので、外務省のホームページで事前に確認することが望まれます。特に病気やケガに対する準備として保険への加入や、持病をお持ちの人は、渡航先の言語で書かれた病歴書などの作成が必要です。

 

また海外への引越しで気をつけなくてはならないことは、船便でも航空便であっても、荷物は何度も積み替えられ、何社もの業者の手に渡ってしまうことです。当然、渡航先のお国柄により、荷物の取り扱いは大きく違ってきます。基本的に、引越し荷物と運送荷物の区別はされず、同じ扱いということを、理解しておかなければなりません。破損や紛失するリスクも、国内に比べて俄然高くなるといえます。

 

また海外へ荷物を送るということは、通関が必要となることから、荷物制限が行われます。海外への引越しの場合は、出来るだけ荷物を減らして、大事な荷物などはトランクルームなどに預けておき、生活品は海外で調達することを心掛けたほうが良いでしょう。

 

海外|引越し費用の目安を知らないとこんなに損しますよ!関連ページ

単身
家族
女性
近距離
長距離
はじめて