引越し 家族

MENU

家族世帯の引越しの費用の目安を知るにはどうしたら良い?

家族での引越しの問題点は、単身者の引越しと比べて荷物が多くなることです。よって、引越し料金も高くなってしまうことが予想されます。その半面で、家族での引越しの利点として、人手が多くいることもあります。引越しの料金を少しでも引き下げるためには、小物の荷造りや梱包資材の調達など、少しでも自分たちで行うことです。

 

また、不要な荷物の選別を行い、荷物を減らす努力が必要です。不要なものは、リサイクルショップやフリーマーケット、またはネットオークションなどを活用することで、少しでも収益につなげることができます。不要な荷物を事前に処分することは、それだけ引越し料金を安く出来ることになります。お子様の成長とともに不要となってきたゲームソフトや漫画なども、意外な収益をもたらすことがあります。

 

但し、このようなことも早くからの引越し準備が行えるからこそ可能となります。また家族での引越しでは、荷物が多いだけでなく、その諸手続きも煩雑となります。お子様の転校手続きや諸々の住所変更など、項目をあげればきりがありません。特に、小さなお子様が入る家庭では、お子様の面倒を見るだけでお母さんは手一杯となり、そのぶん他の人の負担が増えることになります。小さなお子様は、少なくとも引越し当日は、親戚等に預かってもらうことを検討することが望ましいです。

 

家族での引越しをスムーズに進めるためには、「TO DOリスト」と「行動スケジュール表」を作成してみることが勧められます。家族での引越しは、作成された「TO DOリスト」や「行動スケジュール表」を元に、家族が一致団結する必要があります。

 

家族引越しの際のポイント

大きなお金が掛かるのが家族の引越しです。荷物量が多いですからね。見積もりを比較してはじめて知った「業者によってこんなに違うの!」という事実は、いかに以前は業者にふっかけられていたのかということですよね。
私たちが適正な価格で引越しを行うためには少しでも多いの業者の見積もりを取り寄せて料金を比べてみるしか他に方法はありません。

家族で引越しするということは、単身で引越しするのと比べて部屋の数も多く、その分の荷物も多いものです。そして、荷物には大切な家具も含まれてきます。まず、引越しをどのような方法で行うかということがポイントとなります。引越し業者を利用する場合、全てを業者に任せるプラン、一部を任せるプランに分かれます。

 

また、トラックだけを借りて自力で引越し作業をするという方法もありますが、家族での引越しでは少し無理があります。家族の場合におすすめのプランは「一部おまかせタイプ」が良いでしょう。少しでも料金を安くするには、荷造りと荷解きは自分達でやることです。そして、複数の業者に見積を頼み、その中で安い見積を提示してきた業者を2〜3社選んで価格を競わせます。

 

また、引越し時期にも注意が必要です。3〜4月はかなり料金が割高になり、業者も込み合うため引越ししたい日時に引越し出来なかったり、引越し当日、時間通りにトラックが来なかったなどのトラブルになる可能性もあるので、この時期の引越しは避けたいところです。このような繁忙期を避けるためにも早めに引越しの手順とプランを立てることが重要です。

 

また、引越しを機会に子供が着られなくなった服や使わなくなった家電や家具は、そのまま捨てるのではなく、リサイクルショップやオークションなどを利用することで予想外の収益が得られる場合もあります。服や家具に限らず、本やCD、ゲームなども売ることが出来ます。オークションに出品する場合は「セット売り」にして出品するのがおすすめの方法です。売れた代金を引越し代に回すことで、更に引越し料金の節約になります。家族で上手に利用して楽しみつつ、引越しを終わらせましょう。

家族の引越しでは必ず見積もりをたくさん取り寄せましょう

季節や日取り(週末や祝日など)によって価格の変動があります。これを引越し相場というような言い方をしています。引越し業者の費用は年中同じ料金ではないということを理解しましょう。

 

家族|引越し費用の目安を知らないとこんなに損しますよ!関連ページ

単身
女性
近距離
長距離
海外
はじめて