チラシの引越し業者

MENU

チラシが入ってくる引越し業者はどうなんでしょうか?

かなり昔のことですが、今では最大手のアート引越センターなどもチラシが入っていた時代がありました。今ではテレビCMやネットで宣伝をしているのでチラシを入れているということはないでしょうね。

 

少人数で経営している地域の小さな業者さんの場合はテレビや新聞のようなマスメディアを利用することは難しいと思いますので、営業をPRする媒体としては電話帳、ホームページ、チラシとなるのでしょう。この中で最も破壊力(?)があると思われるのは「チラシ」ではないでしょうか。そう、きっとみなさんもよく見かけていると思いますが郵便受けやドアの郵便入れのところに刺さりこんでくるあの、チラシのことです。中には「かなり安いんでないの?」と唸らせるような低価格料金を打ち出している業者もありますよね、正直、どうしようか迷った方も多いのではないでしょうか。

 

「聞いたことがない」という不安はあるけれど、激安料金に惹かれて、、、そういうことってありそうです。

 

また、急遽、引越しをしなければならなくなった人やご家庭(訳ありな事情の方など・・・)の場合にはこのチラシが入ってきたタイミングがドンピシャの場合は速攻で電話をしてってこともありそうですよね。中には「訳あり引越し対応、歓迎!」みたいな、あんたは夜逃げ屋本舗か!ってツッコミを入れたくなるようなチラシも見たことがありますよ。

 

チラシの引越し業者で最も気になるところが「許可されている会社なんだろうか?」というところです。もし、あなたがココを気にしていないとしたら以後、気をつけましょう。無許可の業者というのもたくさんあるそうなのです。言わば「白タク」の引越し版のようなものですね。私たち消費者がそうと知らないで利用したとしても責任を問われることもあるような犯罪行為なのでココはしっかりと注意しなければなりません。ちゃんとしてそうな業者の場合は営業種目の許認可番号をチラシにも載せています。一般区域貨物自動車運送事業○陸自第○○号とか関東運輸局管内関自取第○号とか(といっても業界の人とか許認可の専門家でなければこれを見てもチンプンカンプンではありますが)。まあそういったところにまずは気を配ってみることは絶対に必要なことだと思います。小さな業者さんの場合にはこういう許認可番号がチラシになんにも記されていませんからね。そういった場合はパスするのが安全かもしれません。荷物に保険なんかも掛からないでしょうから万が一、保証の問題とかになったら泣き寝入りすることにもなりかねません。。

 

もう一点、チラシの業者に頼むにしてもですね、見積もり一括サービスは利用してみましょう。その料金が凄く安く見えたかもしれませんが、他のところは信用力もあってさらに安い費用で行なってくれる可能性があるわけですからね。必ず比較しましょう(このときサービス内容も忘れずに比べましょう)。

引越し費用は見積もりを比べてみるのがキホン!

 

 

【私の失敗体験】引越し費用の目安を知らないとこんなに損しますよ!
を御覧ください! トップページに書いています引越し 費用

 

 

 

チラシで入ってくる引越し業者は大丈夫?|引越し費用の目安を知らないとこんなに損しますよ!【失敗体験です】関連ページ

アリさんマークの引越社
アート引越しセンター
サカイ引越センター
日本通運
ハトのマークの引越しセンター
ハート引越しセンター
アーク引越しセンター
ファミリー引越しセンター