引越し方法

MENU

引越し業者それぞれで輸送手段はいろいろあります。

町内や市内、たいていの県内の引越しではその方法は限定されるものとなります。業者を利用しようが自力で作業を行おうが、旧居からトラックに荷物を詰め込み引っ越し先の新居へその荷物を搬入する、それを1日の中で完了させる流れになりますよね。

 

ですが、遠距離の引越しになると、その手段は様々なものとなります。北海道、四国、九州、沖縄、本州間には海がありますからトラック1台で完結できるわけではありません。船、時には航空便が間に入るわけです。また海を渡らない場合も鉄道貨物を使ったり大きなトラックに荷物を載せ替えて混載して運ぶなどのいくつかの方法もあるわけです。

 

また引越しの時刻によっても費用などが変わってきますので、このカテゴリでは、そんな引越しのいろいろな手段について書いてみたいと思います。

引越し方法を選ぶ

引越しする場合、業者に頼むことをまず考える方が多いと思います。勿論、業者に頼んだ方が安全・確実に荷物を運んでもらえますし、エアコンなど大型の電化製品の取り付けといったオプションサービスが充実している業者も多数ありますので、自分で行うべき作業が大幅に少なくなるというメリットがあります。料金はそれなりにかかるかもしれませんが、自分の時間がなかなか取れない忙しい方ならば、ほぼ確実に業者を頼んだ方が良いでしょう。

 

もし時間に余裕があり、引越しする距離がそれほど遠くない方であれば、自力で引越した方が料金が安くすむ場合があります。荷物の量が少なければ自家用車で、それでは厳しいようなら軽トラックをレンタルするなどして運搬するという方法を取るのです。料金が無料もしくはトラックレンタル代くらいしかかからない上、業者とのやり取りが全く発生しませんし、自分に都合の良いタイミングで引越しができます。

 

ですが、もし大きな荷物が大量にあったり長距離の引越しであれば、自力あるいは家族・友人だけだと非常に厳しいといえるでしょう。移動距離が長ければ長いほど荷物の運搬に手間がかかりますし、大きな荷物を運搬する作業自体に慣れていない人であった場合、事故を起こしてかえって料金が高くついてしまうという可能性も十分あります。引越しする際は、「移動距離」と「荷物の量」の2つの要素を考慮し最適な方法を選択しましょう。

 

また業者に頼むのであれば、見積りは複数の業者にお願いし、可能な限り安くオプションサービスが充実した業者を選択することをお勧めします。あえて少し料金が高めの業者を選んで、他の安い業者の料金を用いて値引き交渉を行うという手もあります。値段とサービスのバランスが取れた業者を選び、気持ちよく引越しを完了させて楽しい一人暮らしの新生活をスタートさせましょう!

 

上記のように、いざ引越しをする際に必ず決めなければならない具体的な引越し方法について見てみました。

引越し方法のいろいろ|引越し費用の目安を知らないとこんなに損しますよ!【失敗体験です】記事一覧

引越し業者を利用する場合、午前便と午後便(フリー便)というものがあります。この2つの違いは時間だけと思いがちですが、実はかなり大きく違うものなのです。「○時頃から作業を開始しますので・・・」と業者から告げられたとしても、引越し作業にはさまざななトラブルがあります。 天候だったり、交通渋滞だったり、トラックの駐車スペースがなくて搬入搬出に時間が予想以上に掛かってしまったりと、、、 また、引越し業者が...

引越しを業者に頼む場合、午前便と午後便というものがあります。この違いはもちろん時間的に午前と午後の違いがあるのですが、もっと本質的な違いがあるのです。引越し業者は一日の中で何件かの作業をスケジュールしています。引越しは作業は予定通りに終わることはなかなか難しいもの。 荷物を搬出に行ったらまだ荷造りが出来ていなかったりというユーザーの問題などもあるでしょうし、交通渋滞によって移動に凄く時間が掛かるな...

引越しの予定がある人なら、ネットなどでいろいろと調べているうちに「フリー便」という言葉に遭遇すると思います。 このフリー便は「業者に対して時間指定をしない」引越し手段となります。 引越し業者としては自分の都合でその日1日のスケジュールを組むことが出来るので仕事の効率が上がります。 その分、利用者には時間的な負担が掛かるのですが、それを割引価格で還元してくれるというサービスです。このフリー便を利用す...

昔ですと「夜逃げ」のようなイメージがありますが、近年はライフスタイルの多様化により、それほど珍しいことでもないのが夜間・早朝の引越しです。とはいえ、やはり特殊な引越し形態であることには変わりありません。全ての引越し業者が対応をしてくれるわけではありませんが、夜間・早朝の引越しは可能です。口コミ情報などで調べてみるとアート引越センターを利用していました。つまり最大手の会社ですね。夜間・早朝という特殊...