引越し パソコンのデータ

MENU

パソコンのデーターの引越し作業

ちょっと引越しを違う観点から?パソコンのデータの引越し方法を簡単に書いてみます。箸休めとしてごらんください。

 

新しくパソコン購入すると、これまで使用していたパソコンからデーターの引越し作業が必要となります。これを終えないと、新しく購入したパソコンが自分のマイパソコンであるとはいえません。これまで使用していたパソコンには、友達のメールアドレスや住所、または家族の写真や動画など、使用者の個人情報や思い出がたくさん詰まっています。ウィンドウズであればインターネット・エクスプローラーにある「お気に入り」に登録されている情報、「マイ・ドキュメント」のフォルダーには写真や動画、そしてエクセルやワードを用いて作成したファイルなどが存在しています。

 

またご自身でインストールをしたソフトがあれば、それも新しく購入したパソコンへの引越し作業が必要です。では引越しの方法については、データーを移し変える媒体が必要となります。引越し時のトラックの役目と考えます。このトラックの大きさは、媒体の容量やスピードと同様となり、トラックが大きければそれだけ手間が省け、スピーディに進むことができます。この媒体として使用方法が易しいものは、USBのメモリや外付けのハードディスクです。また2台のパソコンをデーター転送できる、専用のケーブルでつなぐ方法もあります。

 

その他にも、設定は難しくなりますが、LAN環境を使用したデーター転送による方法もあります。次は梱包の方法です。引越しをするデーターやファイルにより若干の梱包の方法も変わってきます。最近では「引越しソフト」が発売されていますので、それを利用すると容易になります。それでも面倒に思う人は、パソコン引越しの専門業者も存在していますので、出張サービスなどを利用することもできます。