休日の引越し料金相場

MENU

休日の引越しは避けるべき?【費用は実は・・・】

会社に務めている人であれば引越しを休日に行うのが一般的ですよね。

 

またお子さんがいらっしゃる家庭でも学校を休ませてまで行うということもないでしょうから、どうしても引越しは土曜日、日曜日、そして祝祭日に行われることが多くなります。

休日の引越しは平日と比べてどうなの?

これは簡単な引越し料金を安くする方法となりますが、土日と平日では引越し料金に差を設けている引越し会社が多いということです。ですから日にちにこだわらなくてもいい人は是非平日の引越しにしてみましょう。土日の引越しに比べてもかなり割安になることもありますから要チェックですよ。

 

引越し費用が実質0円ってどういうこと!?

 

引越し費用の相場は掴みづらいのです

引越し料金を少しでも安く抑えたい人はとても多いと思います。それでも引越し料金の相場がわかっていないとどのくらいの引越し料金が妥当なのかはなかなか分かりづらいと思います。

 

引越し料金に定価がないことをまずは知りましょう。

 

引越し料金には一つとして同じ料金が存在しないのです。偶然同じ料金になるようなことがありますが、あの引越し料金がこれだからこっちの引越し料金はこれくらいということはありません。引越し一つ一つに対して全く新規の引越しとしての見積もりが行われるのです。

 

どこの業者が一番安いのか?、あるいはコストパフォーマンスに優れているのか?
各社の見積もりを見比べるのが最も確実な方法となります!

 

相場と言われるのをご存知ですか? 引越価格は変動します!

引越し料金の特徴ですが、引越し業者がまず値段を決める基準の一つに、距離が関係あります。遠方引越しする場合、高速代などの料金やガソリン代などが多くかかってしまうため、移動にかかった料金も引越し台に上乗せになります。距離が長ければ、引越し業者の拘束時間も長くなるため割高になります。次に荷物の量も関係してきます。荷物の量が少なければ、トラックも小さくて済みますし、手伝う人数も少なくて済むため、少しでも安くすることが出来ます。引越し前には、なるべく荷物を減らすことをおすすめします。

 

あと、引越し料金の特徴として、時期や曜日も大きくかかわってきます。基本的に土日や祝日などの一般的な休みの日は引越しをしやすいので、料金は割高です。逆に平日だと値引きがあるため、安く済ませたいときは平日がおすすめです。時期としては、転勤や進学などで引越しが多い三月は引越し業者が忙しいため、割高になっています。

 

その次が、8月などの夏休み時期も引越ししやすいため、引越しが多い傾向にあります。忙しい時期を避け、比較的引越しが少ない時期を選べば料金もだいぶ安くおさえることができます。引越し業者は多数あるため、見積もりは一社だけでなく、複数見積もりを取って比較することが大事です。また、大手を選ぶか中小企業の引越し業者を選ぶかによって、値段やサービスがまったく違うので、何を基準にするか考えたうえでよく検討したほうがよいでしょう。引越し料金の特徴をよく理解したうえで、賢い業者選びが必要です。

 

最も高いと言われている時期はなんと言っても3月です。これは我が国ではここに集中するような社会システムなので当然ですよね。うかつに業者を決めてしまうと思わぬ高い費用が掛かってしまいます。また3月には一人暮らしのために引っ越しをする人が急増しますが、必ず引越し見積もり 単身を一括見積もりサービスで取ってみましょう。費用を安く済ますには絶対に必要な行動となります。

 

 

休日(土日・祝祭日)の引越しは避けるべき?|費用の目安を知らないとこんなに損しますよ!関連ページ

3月費用の相場
4月の引越し価格の相場
8月の料金相場
9月の料金相場
消費増税前駆け込み
月末
月初め・中旬
週末
平日