引越しの手順

MENU

引越しの手順をざっとおさえておきましょう

引越しをする際には、様々な手続きまたは作業が必要になり、行政機関や民間企業へ転居の届出をしなければなりません。

 

先ずは、個人または不動産業者を通して転居先を確保しなければなりません。引越しをする本人の希望条件に合った物件が見つかれば、購入または賃貸契約を結びます。その後、荷物の搬出・搬入手段を計画し、一人で引っ越し作業をやるのか、友人や知人に援助を求めるのか、または引越し業者に依頼するのかを決めることになります。

 

引越しの日時が決まれば、電気・ガス・水道・電話またはインターネットプロバイダーなどの公益事業と解約手続きを行うか転移届を提出します。今まで住んでいた地域の郵便局へは、引越し後に郵便物が転送されるように住所変更届を提出します。それが終われば、市町村役場へ転出届、また学校へは転校届を提出しなければなりません。

 

今までよりも狭い所に引越しをする場合、余分な家具などはトランクルームなどを利用し、一時的に保管することが出来ます。または専門業者に処分の依頼をしてください。引越し業者に作業を委託する場合は、いくつかの業者に連絡をして見積もりをお願いします。その中から自分のニーズに合った引越し業者を決めて、引越し日時やサービスなどの打ち合わせをします。今まで住んでいた所が賃貸物件の場合は、賃貸契約の清算を行わなければなりません。

 

移動先では、市町村役場に転入届を提出します。電気・ガス・水道・電話などは新規契約を行うか住所変更届を提出します。その他には、転居先の隣人・近所住民に転居のあいさつをします。

 

段取りが大切なのはどの世界でも同じですが、引越しも準備をしっかりとしておくことでスムーズに行うことができます。

引越しの手順|引越し費用の目安を知らないとこんなに損しますよ!【失敗体験です】記事一覧

初めての引越の場合は、どのように荷造り・梱包をしなければわからなかったり、経験者は荷造り・梱包のわずわらしさから開放されたいと考えているのではないでしょうか。 できるだけスムーズに荷造り・梱包ができる方法を案内します。まずは荷造り・梱包に必要な資材を準備します。ダンボールは引越し業者に準備してもらうか、スーパーなどでもらってきます。 ガムテープ・荷造用のひも、ダンボールに中身の内容を書く油性マジッ...

引越しをする際には、やらなければならない事がたくさんあります。忘れないようにするためにチェックリストを作ることをお勧めします。先ずは引越しをする前に、引越し業者と引越し日時やオプションサービスなどの打ち合わせをし、不動産業者と明け渡しの日時、入居日や立ち会いの有無などを話し合います。市町村役場へ出向いて、転出届、印鑑登録、国民健康保険などの手続きをします。学校では在学証明書や転校届などの手続きをし...

引越の荷造りにはダンボールが欠かせませんよね。引越し業者の広告で『ダンボールを無料で提供します。』というのを目にしますが、 実は実費のなかにダンボール料金が含まれているのです。「ダンボールを自分で用意します。」と言ってみてください。そうすると料金が数千円から1万円くらい安くなります。自分でダンボールを調達するには思いつくにはスーパーやコンビニだと思います。繁忙期だと皆が考えることは一緒なので手に入...

みなさんは今までに引越しをしたことがありますか。結婚、就職、いろいろなときに引越しをすると思います。私も結婚などをきっかけに引越しをしました。そんなときに引越し業者の必要性をとても感じました。どんなときに一番感じたかと言うと、重い荷物を運ぶときでした。タンスやソファー、テレビ、冷蔵庫、食器棚などなど、家庭にある重い物を運ぶときに引越し業者の必要性をとても感じました。特に大型冷蔵庫については要領よく...