引越し 費用 目安

MENU

段ボールの費用について

引越の荷造りにはダンボールが欠かせませんよね。引越し業者の広告で『ダンボールを無料で提供します。』というのを目にしますが、 実は実費のなかにダンボール料金が含まれているのです。「ダンボールを自分で用意します。」と言ってみてください。そうすると料金が数千円から1万円くらい安くなります。

 

自分でダンボールを調達するには思いつくにはスーパーやコンビニだと思います。繁忙期だと皆が考えることは一緒なので手に入れにくくなるかもしれません。 意外と思える場所は病院です。点滴などはダンボールに入っているので大量にダンボールが出ます。点滴が破損しないように作らているので丈夫です。 知り合いに病院関係者がいる方は引越しが決まったら声をかけてみてください。ただ病院と無関係の人ではもらえない可能性も高いかもしれませんが。。

 

実費に含まれているダンボールは新品ですが、誰かが使った中古ダンボールだと本当に無料提供になるところもあります。 自力でダンボールを用意するのは難しい方は「中古ダンボールでいいから、料金から引いて」と言ってみてください。 無料もしくは格安で中古ダンボールを提供してくれる場合がありますよ。誰が使ったかわからないものはイヤ!という方は 引越し業者から新品のダンボールを提供してもらったほうが良いでしょう。

ダンボールへの引越し荷物の詰め方について

衣装ケースに入っている物は、ダンボールに入れなくてもそのままでOKです。割れ物は新聞紙やプチプチ(エアーキャップ)で包みますが、最近は新聞をとっていない方も多くいると思います。そんな方はバスタオルやセーターなどでくるんでも大丈夫です。 荷物の削減になって一石二鳥になります。

 

ダンボールに詰めるものは重いものは小さいダンボールに、軽いものは大きなダンボールに詰めます。ダンボールへのつめ込み作業は思ったより時間がかかり疲れます。 それに、荷造りを自分でする契約の場合、荷造りが出来ていないものは運んでくれないことがあります。そんな事にならないように使わないものから計画的に初めましょう。引越し荷造りのコツを知って安い引っ越しを実現させてください。

段ボールは引越し荷物の梱包に必須【入手方法と費用】関連ページ

荷造り
チェックリスト
大型冷蔵庫や家具