引越しの荷造り

MENU

引越し荷物を梱包しなければなりませんね

初めての引越の場合は、どのように荷造り・梱包をしなければわからなかったり、経験者は荷造り・梱包のわずわらしさから開放されたいと考えているのではないでしょうか。 できるだけスムーズに荷造り・梱包ができる方法を案内します。

 

まずは荷造り・梱包に必要な資材を準備します。ダンボールは引越し業者に準備してもらうか、スーパーなどでもらってきます。 ガムテープ・荷造用のひも、ダンボールに中身の内容を書く油性マジック、カッター・ハサミ、割れ物などを包む新聞紙やエアーキャップ(プチプチ)、滑り止めがついている軍手もしくは手袋を用意します。 作業ではダンボールなどで手を切ってしまうことがあるので軍手・手袋をはめたほうが良いです。

 

引越時の荷造り・梱包のコツは、その一つはなんといっても物を減らすことです。荷物は出来るだけ少ない方が引越も楽になるし、引越し料金も安くなります。 減らすには『売る』『捨てる』『あげる』です。『売る』にはネットオークションにかけたり、リサイクル業者に買い取ってもらったりします。売れば物も減らせて引越し料金の足しにもなります。

 

実際に荷造り・梱包を始めてからのコツは、すぐに使わないものから詰めていきます。ダンボールには重いものは下に入れて、軽いものは上に入れます。 本などの重くなるものは小さいダンボールに、衣類など軽いものは大きなダンボール入れます。衣類は衣装ケースに入っているものは業者によってはそのままでも良い場合があります。 スーツやジャケットなど、型崩れするのが嫌な衣類があれば、ハンガーにかけたまま収納できるハンガーBOXという物を引越し業者で用意してくれます。

 

ガラスや陶器類などの割れ物は、1つずつ新聞紙やエアーキャップで包みます。面倒がって皿など重ねた状態で包むと破損してしまうことがあるので、面倒でも一枚一枚包みます。 箱の中に隙間があると、割れ物同士がぶつかって破損の原因となるので隙間があるときは新聞紙やエアーキャップを丸めてものを隙間に入れます。 包丁のような危険物は、ダンボールなどを適度な大きさにカットして、2つ折りにする形で包丁の刃をくるみ、ガムテープを巻き付けます。 荷解きのときに注意が行くように、柄の部分は包丁とわかるよう包まないほうがよいです。

 

ダンボールの箱には入れてあるものを書いておくのはもちろん、どの場所に置くかも書いておくと、引越業者の作業をしてくれる人にも一目でわかって便利です。 作業をしているときに陥りがちなのが「なつかし〜」などと思い出に浸ってしまい、どんどん時間がたってしまうことです。そんな時間はありませんので(笑)黙々と梱包作業に没頭しましょう。

 

現金、通帳、有価証券、小切手、キャッシュカード、宝石などの貴金属類は、「引越運送約款」によって、引越し荷物の中に入れてはいけないことになっているので、貴重品はまとめて自分で持ち運ぶことが大切です。引越し荷物に入れたままにすると万一トラブルになった場合でも責任を追求することは出来ません。

引越しの荷造りは自分で、それとも業者のおまかせパック?

転移先や引越し業者、引越し日が決まり次第、荷造りを始めましょう。意外にも時間がかかるものです。日常的に使用していないものから荷造りを始めます。大きな家具とか家電などは引越し作業者がやってくれるので、荷造りは何もしなくても良いのですが、家具の中の物は取り出してください。箱詰めをする場合は、運びやすいように重い荷物は小さな箱に、軽い荷物は大きな箱に詰めると良いでしょう。箱に隙間がある場合は新聞紙などを詰めておきます。また引越し先で直ぐ使用するものは、まとめて箱に詰めておきましょう。

 

冷蔵庫は、霜が溶けると他の荷物が濡れてしまうので、6時間以上前に冷蔵庫の中のものを全部取り出しコンセントを抜いておきます。食器類は新聞紙に包んで大きい物を下にして詰めてください。また皿などは立て隙間には新聞紙を詰めて、箱にはコワレモノとか食器類と書いておきます。

 

衣類は引越し業者がハンガーボックスにそのままかけて運べますがボックスがなければ、しわにならないように畳んで箱詰めしてください。テレビやパソコンはコンセントを抜いておきましょう。取り付けなどを行わない業者が多いと思いますが、事前に確認しておきましょう。本などは自分で持てる程度の箱に詰めておきます。机などの家具は中に入っているものを出しておきましょう。洗濯機はコンセントを抜き、水を抜いておきます。家具やベッドなどで分解できるものは自分で事前に分解しておきましょう。

 

荷造りサービスを提供している引越し業者を利用するにしても、業者の作業員は荷造りをするだけですので、必要なものと要らないものを整理しておきましょう。

 

引越し業者の「おまかせ梱包」の検討も

自分で荷造りをする時間がどうしても取れない、面倒だからどうしてもできないという方は、引越し業者に梱包をおまかせしてみることを検討しても良いと思います。 荷造りから荷解きまでがセットになった引越し業者のお任せパックもあります。この手のサービスを利用したことがある人はお分かりだと思いますが、 おまかせパックを一度でも利用すると、もう自分で荷造りをするなんてことはしたくなくなりましたよ(笑)。 どこのサービスを利用するかは比較 引越しサービスを利用して決めましょう。

 

引越し準備の中でももっとも時間と体力を使うのが荷造りです。梱包の仕方にはコツがありますので参考にしてみてください。

引越しの荷造り|引越し費用の目安を知らないとこんなに損しますよ!【失敗体験です】関連ページ

チェックリスト
段ボール
大型冷蔵庫や家具