引越しの手続き

MENU

引越しの手続きはたくさんあって頭がいたい・・

引越しが決まれば、現在住んでいる市町村役場と引越し先の市町村役場に届出をしなければなりません。先ずは転出届を提出すると転出証明書を発行してくれます。その時一緒に印鑑登録の廃止と、国民健康保険の資格喪失手続きもやりましょう。引越し日の14日前から受け付けていますので、印鑑を持参して手続きを行ってください。印鑑登録は今まで住んでいた市町村役場に印鑑登録証を返却して、引越し先の市町村役場に新しく登録することになります。国民健康保険、年金は、今まで住んでいた市町村役場に保険証を返却し、引越し先の市町村役場で引越し後14日以内に手続きを済ませてください。引越し先では転入届の提出、実印の印鑑登録、国民健康保険の加入手続き、国民年金の住所変更を行ってください。

 

学校、電気、ガス、水道、電話、郵便、運転免許証、自動車、銀行、保険、クレジットの手続きもしなければなりません。学校の場合は、現在通っている学校から、在学証明証、転学生徒教科用図書給与証明証を発行してもらい、引越し先の市町村役場に提出してください。電気は電力会社にサービス停止の希望日を、ガスの場合はガス会社に、水道の場合は市町村の水道局営業所へ引越し前日までに連絡してください。電話はNTTに移設希望日を連絡してください。郵便局へは転出届を提出してください。銀行へは、届出印鑑、キャッシュカード、通帳、身分証明証を提出して口座移転の手続き行ってください。保険、クレジット会社には、住所変更と口座変更を提出してください。

 

新居に荷物を運び込んで、それで引越しは全て終了、とはなりません。むしろそこから手続きなどの諸々の事柄が待っています。落ち着いて一つ一つこなしてゆきましょう。

引越しの手続き|引越し費用の目安を知らないとこんなに損しますよ!【失敗体験です】記事一覧

公立の小学校・中学校に通われているお子さんがいらっしゃる場合は転出入の手続きが必要となってきます。私立の場合は学校によって手続き方法が様々ですから、学校若しくは担任の先生に直接問い合わせるといいと思います。転出入の手続きは大きく分けて二つに分かれますが、一つ目は同一の市内または区内での転出・転校の場合です。まず、引越しが決まった時点で担任の先生に連絡をし、在学証明書の発行を依頼します。そのときに同...

誰もが一度は経験したことがあるであろう引越しですが、どうしても引越しとなると、面倒であったり、お金がかかったりなど、デメリットが思いつきます。しかし、引越しのメリットもたくさんあるのです。まず引越しのメリットとして一番大きなことは、引っ越すことで、通勤や通学時間が変わります。場合によっては大幅に時間削減ができたり、逆にあえて時間を長くすることで、通勤時間内での自由時間を確保したりすることもできます...