引越し業者と宅配業者

MENU

引越し業者と宅配業者の違いは?

引越し業者というのは引越しを専門に扱う業者であることがわかりましたが、宅配業者はどうなのでしょうか。宅配業者とは通常小さな荷物を配達してくれる業者で、引越し作業もやってくれるということになります。ではどちらの方がお得になるのでしょうか。家族の引越しなどの比較的荷物の多い引越し、またはおまかせプランなどを利用する場合であれば、引越し業者の方がお得になる事が多くなります。荷物が少なく、自分で荷造りなどをやるのであれば、宅配業者の引越しの方がお得になるのではないでしょうか。

 

引越し業者の引越し料金は、基礎運賃と実費にオプションサービス料を加算した金額に対し、宅配業者の料金は荷物の大きさと荷物の重さに距離を加えたものが基本になっていますので、家具などの大きな重い荷物がなく、ダンボール箱の数が少なければ、宅配業者を利用して方が料金を低く抑えることが出来ます。

 

しかし、引越し業者は引越し依頼者の荷物を用意したトラックに積んでそのまま引越し先へと運んでくれるので、その日のうちに荷物が届き、荷解きなどができるようになりますが、宅配業者の場合は、他の荷物も一緒に積んでおり、荷物は翌日以降の到着になってしまうので、引越し当日や翌日は荷物がない不便な生活になることもあります。また配達日や時間などを指定できる利点があるので、事前に荷物を発送すれば引越し当日の指定した時間に荷物を受け取ることも可能になります。

 

はじめてひとり暮らしをする時など、引越し先にて家電や家具を買い揃えることがありますよね。そんな時の引越し荷物は極少量となりますから、無理をして引越し専門業者を利用することはなく、むしろ宅配便や宅急便を使って荷物を新しい部屋へ送る方が効率的(費用的にも)なことがあります。

引越し業者と宅配業者|費用の目安を知らないとこんなに損しますよ!関連ページ

引越し業者別の料金とサービス
引越し業者の特徴
理由